でんちこホーム > 腕時計のお役立ち情報一覧 >腕時計のガラスに傷がついたときの対処法

腕時計のガラスに傷がついたときの対処法


腕時計は毎日手元につけて過ごすため、丁寧に扱っているつもりでも気づかないうちに傷がついてしまうことがあります。
小さな傷であれば気にしないという方もいらっしゃるかもしれませんが、傷を放置しているとそこから水が入ってサビなどの原因になってしまうことも。
そのため、腕時計のガラスに傷が入っていることに気づいたら、できるだけすぐに対処したほうがよいでしょう。

そこで本記事では、腕時計に使われているガラスの種類ごとに、傷の適切な対処法を紹介します。
腕時計のガラスに傷が入ってしまったという方はぜひ最後までご覧ください。

腕時計に使われているガラスの種類

腕時計のガラスの傷の対処法は、使われている素材の種類によっても異なります。
まずは、腕時計に使われているガラスにはどんな種類があるのかを見ていきましょう。

ミネラルガラス

ミネラルガラスとは、日用品のコップなどに使われているガラスを加工した素材です。
1970年代頃から普及が始まり、現在も安価で加工がしやすいという理由から比較的安価な腕時計で使われていることが多いです。

傷そのものはつきにくいですが、負荷がかかると割れやすいという特徴があります。
腕時計に使われている素材がミネラルガラスかどうかを見分ける方法は、表面を爪で軽く叩いて音を聴いてみることです。
重く、あまり響かない音が鳴った場合はミネラルガラスの可能性が高いです。

サファイアガラス

サファイアガラスとは、高純度の酸化アルミニウムを加工して人工的に巨大な結晶を作ることで生み出される素材です。
美しい青色が印象的な宝石であるサファイアと同じ硬度をもっているため、このように呼ばれています。
ミネラルガラスよりも加工が難しく、また丈夫なため、高級腕時計に使われることが多いです。

近年では腕時計型のデバイスである「Apple Watch」の画面にも使われています。
サファイアガラスの大きな特徴は、宝石のサファイアと同じ硬度であるがゆえの丈夫さです。
そもそも傷がほとんどつきにくいのですが、同時に一度傷がついてしまうと消すのが難しいという点はデメリットでもあります。

また、サファイアガラスの場合は、爪で叩くと重く高い音が鳴ります。

アクリルガラス

アクリルガラスとは、ガラスと呼ばれてはいるものの実際はプラスチックの素材です。
ミネラルガラスやサファイアガラスが登場する前によく使われていたため、アンティークの腕時計ではときおり目にします。
近年製造されている腕時計ではほとんど使われていません。

プラスチックでできているため安価で加工しやすく、また軽いという点が主な特徴です。
ただし、割れやすく、紫外線を浴びると黄色く変色してしまうというデメリットがあります。
アクリルガラスの場合は、爪で叩くと低く軽い音が鳴ります。

腕時計の風防の種類
こちらの記事では、腕時計の風防について詳しく解説しております。ぜひ併せてご覧ください。

腕時計のガラスに傷がついたときの対処法

腕時計のガラスについた傷は、自分で対処できる場合と専門業者に依頼したほうがよいという場合があります。
対処法は、上記で紹介したどの種類の素材が使われているかによって異なります。
以下にそれぞれ詳しく解説していきます。

自分で磨いて対処できる場合

アクリルガラスで、尚且つ傷が浅い場合は自分で対処できます。
市販のクリーナーや歯磨き粉で傷を拭きあげて磨くことで修復が可能です。

なぜ歯磨き粉が傷の修復に使えるのかというと、歯磨き粉の中に含まれている「研磨剤」をガラスにこすりつけることで、歯についた歯垢を削りとるようにガラスを磨けるためです。
そのため、ガラスの傷の修復に使う場合は研磨剤が入っている歯磨き粉を使う必要があります。

歯磨き粉のほかに用意するものは、柔らかい乾いた布と濡れた布です。
布は天然素材のものが望ましいため、着なくなった綿の肌着などを使うとよいでしょう。

以下に簡単な手順をまとめました。
腕時計のアクリルガラスについた傷を磨く手順

  1. 乾いた布に歯磨き粉をつける
  2. 腕時計のガラス部分を布で優しくこする
  3. 濡れた布でガラスを拭いて歯磨き粉を落とす

ポイントは、歯磨き粉をあまりつけすぎず、少量で少しずつ磨いていくことです。
また、腕時計本体のすき間に歯磨き粉が入り込んでしまうことがあるため、気になる方はすき間をテープで閉じてから作業することをおすすめします。

専門業者に相談したほうがよい場合

ミネラルガラスやサファイアガラスは傷を磨いて落とすことが難しいため、浅い傷であっても腕時計の修理業者にガラスそのものの交換を依頼することになります。

また、アクリルガラスであっても傷が深い場合は同様に交換が必要です。
なぜ、ミネラルガラスやサファイアガラスでは傷を磨くことが難しいのかというと、ガラス自体が固いことからなかなか表面を削ることができないためです。
そもそも、傷を磨くという作業は、完全に傷を消せるわけではありません。

傷がついていない部分も含めて少しずつ削って、表面をなめらかにすることで傷を目立たなくするという仕組みです。
ミネラルガラスやサファイアガラスは固い素材のため、この「削ってなめらかにする」という作業がなかなか行えないということです。

また、磨くことができる素材であっても、あまり頻繁に磨いてしまうと素材そのものが薄くなり、耐久性が落ちてしまうということも考えられます。
そのため、傷が浅い場合であっても業者に交換を頼む方法がおすすめともいえるでしょう。

腕時計のガラスの交換費用の相場

前述のとおり、ミネラルガラスやサファイアガラスに傷がついた場合はガラスの交換が必要です。
また、アクリルガラスであっても傷が深い場合は同様に交換を依頼したほうがよいでしょう。
交換にかかる費用は、素材の種類ごとに異なります。
以下に交換費用の相場をまとめました。

腕時計のガラスの交換費用の相場

  • アクリルガラス:8,000円〜10,000円程度
  • ミネラルガラス:10,000円〜
  • サファイアガラス:15,000円〜

アクリルガラスはかつて腕時計で使われていた主流の素材だったため、無償交換を行っていた時代もありました。
しかし、現在はほとんど使われなくなっており、逆に珍しくなってきていることから、交換費用が高くなりつつあります。
また、サファイアガラスは素材そのものが高級なため、交換費用も比較的高い傾向があります。
 

腕時計の主な故障の原因

腕時計は精密機械であるため、故障の症状はさまざまなものがあります。 腕時計をできるだけ長く使いたいという方や、故障のような症状があって不安に感じている方は参考にください。
  • 針が止まってしまう
  • 【クォーツ式のみ】電池を交換しても動かない
  • 時間が遅れてしまう・もしくは進んでしまう
  • カレンダーの日付表示が動かない
  •  腕時計のガラスが曇る・結露が発生する
  • 腕時計を振ると音が鳴る
  • 【機械式のみ】ねじが固い
■おすすめ記事 腕時計の代表的な故障の症状7つとそれぞれの原因

腕時計のガラスに傷がついたときの対処法は交換が基本

いかがでしたか? 腕時計のガラスの種類ごとに、傷がついたときの適切な対処法を紹介しました。
腕時計に使われている素材がアクリルガラスで、尚且つ傷が浅い場合はご自身で磨いて傷を消すことも可能です。
ほかの素材が使われている場合はガラス自体の交換が基本となり、腕時計の修理業者に依頼することになります。
また、アクリルガラスの腕時計をお使いの場合でも、結局は腕時計の扱いに慣れている専門業者に相談したほうが安心でしょう。

でんちこでは、20万本以上の腕時計のメンテナンスを行っています。
オンラインでお申し込みを行えるサービスですので、店舗へお越しいただく必要がございません。
腕時計の電池交換・修理業者をお探しの方はぜひでんちこへご相談ください!

腕時計の電池交換ならでんちこまで

腕時計の電池交換の詳細

■関連記事

腕時計の電池交換はどこでするべき?料金や期間

腕時計電池の寿命と寿命を延ばす方法

腕時計の代表的な故障の症状7つとそれぞれの原因

腕時計電池交換初めてガイド

オンライン電池交換が
40秒で分かる
WEBマンガ公開中!!

リユース腕時計販売Sales of Reused Watches 電池交換・料金Battery replacement 修理・料金Repair & Maintenance ご利用の流れSERVICE FLOW お支払い・送料Postage & Payment メンテナンス
オプションMaintenance Option

営業日カレンダー

2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ご注文は年中無休で受け付けています。 電話のお問い合わせは 平 日:10:30〜19:00 土日祝:10:00〜18:00(年末年始除く) 受け付けています。

Facebookページはこちら