腕時計電池交換 専門店

発送からお受け取りまでご自宅でOK

でんちこホーム > でんちこばなし >腕時計が止まってしまった!原因はリューズかも?確認や取扱い方とは

腕時計が止まってしまった!原因はリューズかも?確認や取扱い方とは

腕時計が止まったらまずは「リューズ」を確認

大切にしている腕時計

腕時計が止まってしまったとき、原因として考えられることの一つは電池切れです。基本的には専門店に電池交換に出すことをおすすめします。
しかし、この電池交換をするよりも前に、まず初めに確認してほしいことがあります。それは「リューズ」が上がっていないかということです。リューズが上がってしまっているのが原因で時計が動かないといったケースは、意外と多くあります。
実際に当店でも、電池交換のご依頼があった時計の20本に1本くらいの割合で、リューズが上がっているだけで実は電池切れではなかったということがあります。

リューズって何?

腕時計のリューズ

リューズとは、腕時計の本体の側面についている、時間を合わせるための部品です。名前は知っていなくても、ほとんどの人が認識している、腕時計の重要な部品の一つです。
リューズには引き出し式とねじ込み式があり、引っ張ったり押し込んだりすることで時間合わせができるようになっています。多くの時計には引き出し式が採用されていて、リューズをめいっぱい引き出して回転させると針が動き、時間を合わせることができます。
このリューズが上がってしまっている(引き出された状態になっている)と、時計は止まったままになってしまいます。
電池交換に出す前に、まずチェックしてみましょう。実はリューズが上がっているだけだったということがあるかもしれません。

リューズが取れてしまったら

確認や時間合わせのためにリューズを触っていたら、誤って取れてしまった!ということも。リューズはあまり強く引きすぎると取れてしまいます。無理に引っ張ろうとせず、親指と人差し指で掴んだら爪の先をリューズの下に差し込み、そのまま引き上げる、というのがコツです。
もし取れてしまったら、以下の3つのポイントに気をつけて入れてみましょう。
・穴に対して垂直にゆっくり入れる
・リューズを回しながら押し込む
・入れている途中で固いと感じたら、一度入れるのをやめてもう一度やり直す

リューズが取れたときの入れ方やポイントをお伝えしましたが、無理に差し込むとムーブメントが壊れる原因になってしまうこともあります。うまくいかない場合は自分で処理せずに、お店で直してもらうようにしましょう。

でんちこばなし一覧へ戻る

腕時計電池交換初めてガイド サービス&料金SERVICE&FEES

タイプ別腕時計
電池交換プラン

PLAN
ご利用の流れSERVICE FLOW よくある質問FAQ 実績紹介RESULTS

よくある電池交換ランキング

営業日カレンダー

2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
は休日です。 又、土日祝は入金確認が出来ませんのでご注意ください。
Facebookページはこちら

実店舗について

でんきのGAZONE
大崎ニューシティ店
東京都品川区大崎1-6-5
大崎ニューシティ2F

【営業時間】
平日:9:30〜20:00
土日祝:10:00〜19:00

※Webと電池交換作業料金は異なります

※直接、店舗へのお持ち込みはお受け出来ません