腕時計電池交換 専門店

発送からお受け取りまでご自宅でOK

でんちこホーム > でんちこばなし >オーバーホールって何?定期的なメンテナンスで愛用の腕時計を長く使おう

オーバーホールって何?定期的なメンテナンスで愛用の腕時計を長く使おう

オーバーホールとは?

腕時計を虫眼鏡で覗き込んでいる様子

オーバーホールとは、すばり「分解点検清掃」のこと。腕時計のムーブメントをすべて分解して、点検から部品の洗浄、清掃、修理、注油、調整、組立まで、一連の作業が行われるメンテナンスです。
止まってしまった古い腕時計で部品の交換などができない場合でも、オーバーホールを行うことによって本来の動作を取り戻すこともあります。
腕時計を分解して組み立てるには高度な技術が必要とされ、自分で行うというのは難しいものです。オーバーホールは、時計修理の専門店や腕時計の製作メーカーなどのプロが行うことで、普段とは違う特別なメンテナンスができるのです。
また、機械式だけでなくクオーツでもオーバーホールを行うことはあります。

オーバーホールの頻度は?

オーバーホールはどれくらいの頻度で行うのがよいのでしょうか。 時計修理の専門店や時計ブランドでは、だいたい3年から5年の間で行うことをおすすめしている場合が多いようです。各所がいろいろな年数を示していることもあり、結局どれくらいで行えばいいのかわかりづらい部分がありますが、自分の腕時計のメーカーの説明を参考にするのも一つの目安です。
ただし、腕時計の時間が極端に遅れたり早まったりという異常が起きた場合は、すぐにオーバーホールを行うようにしましょう。
「時計が動かなくなってからやればいい」「高級な腕時計だから何年もしなくて大丈夫」という考え方はあまりおすすめできません。オーバーホールをせずに長年使い続けると、どこかに負荷がかかり支障が出てきてしまいます。見えないところでも、部品が劣化したり動きが悪くなったりということがあります。

メンテナンスで愛用の時計を長く使う

異常が起きたときでなくても、愛用している腕時計を長く使いたいなら、定期的なメンテナンスとしてオーバーホールを行うことをおすすめします。腕時計によって頻度は様々ではありますが、数年使っていて劣化や品質が気になるという場合などは、プロに依頼して見てもらいましょう。
逆にいえば、「安いから長く使うつもりはない」「壊れたら買い換えればいい」と最初から決めている腕時計であれば、オーバーホールを行う必要はありません。

しかし、日々のお手入れや定期的なメンテナンスで、腕時計への愛着が深まります。この先ずっと使いたいという腕時計にはきちんと手をかけ、大切にしていきたいものですね。

でんちこばなし一覧へ戻る

腕時計電池交換初めてガイド サービス&料金SERVICE&FEES

タイプ別腕時計
電池交換プラン

PLAN
ご利用の流れSERVICE FLOW よくある質問FAQ 実績紹介RESULTS

よくある電池交換ランキング

営業日カレンダー

2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
は休日です。 又、土日祝は入金確認が出来ませんのでご注意ください。
Facebookページはこちら

実店舗について

でんきのGAZONE
大崎ニューシティ店
東京都品川区大崎1-6-5
大崎ニューシティ2F

【営業時間】
平日:9:30〜20:00
土日祝:10:00〜19:00

※Webと電池交換作業料金は異なります

※直接、店舗へのお持ち込みはお受け出来ません