腕時計電池交換 専門店

発送からお受け取りまでご自宅でOK

でんちこホーム > でんちこばなし >腕時計を長持ちさせる秘訣とは?自分でできるお手入れと保管方法

腕時計を長持ちさせる秘訣とは?自分でできるお手入れと保管方法

普段からのお手入れが大切

机の上に置かれた腕時計

普段から簡単にでも手入れをしていると、腕時計の劣化を防ぎ、きれいな状態を保つことができます。
腕時計の本体部分は、柔らかい布でガラス面と裏面を拭いて汚れを落とします。腕時計につきやすい指紋も、長く放置していると金属部分の変質などにつながるのでしっかりと拭き取ります。 また、落ちにくい汚れがある場合は、水で濡らしてからよく絞った布で拭いてみてください。直接水をかけたり溜めた水に浸けたりということは、腕時計本体へ水が入り、故障の原因になってしまうのでやめましょう。
ベルト部分は、金属ベルトであれば腕時計本体と同様に柔らかい布で拭いて汚れを落としてください。革ベルトの場合は、革用のクリームを軽く塗ってから拭くのがおすすめ。汚れ対策だけでなく、表面のツヤが戻ってくるという効果もあります。

保管場所は重要なポイント

腕時計の汚れを拭き取る

保管場所にも気をつけるようにしましょう。
基本的に腕時計は水分に弱いので、湿気の多い場所での保管はNGです。湿気があるとパーツの故障やサビ、カビの発生につながります。高温の場所も避けるようにしましょう。室内でも、日射で高温になる場合もあるので注意が必要です。理想的な保管場所は、風通しが良く日が当たりにくい場所です。
また、磁気が発生するものの近くに置くのもあまりよくありません。テレビやパソコン、スマートフォン、スピーカーなどの電子機器は磁気を発しています。これらの機器の近くに置いていると、時計内部のムーブメントが磁気の影響を受け、精度に異常が出てしまいます。
帰宅したときに、身に着けていた腕時計とスマートフォンを一緒に置いておくという方は多いと思いますが、気をつけるようにしましょう。

保管用のケースを使うのもおすすめ

腕時計は、表面に傷がつくのは日常生活の中でどうしてもあることですが、裏面は肌に密着しているため、普通は傷がつきにくいと考えられます。しかし、裏面にも傷がついているという場合は、保管方法が原因となっている可能性があります。
腕時計を置いておく場所を決めておき、柔らかい布などを使って専用のコーナーを持っておくと、傷などの心配も解消されます。
また、保管用のケースを利用するのもおすすめです。腕時計専用の保管ケースも売られており、時計が触れる部分に傷がつきにくい素材が使ってあったり、時計を巻きつけるクッションがあったりと、きれいな状態を保てるように考えられているものが多くあります。そして、「決まった場所に置く」という状況があれば、習慣として自然と腕時計を保管場所に置くようになりますよね。

腕時計は、初めにお伝えしたような方法で汚れをしっかり落とし、適切な場所で保管しましょう。普段から簡単にできるお手入れや保管で、長持ちするかどうかは変わってくるはずです。

でんちこばなし一覧へ戻る

腕時計電池交換初めてガイド サービス&料金SERVICE&FEES

タイプ別腕時計
電池交換プラン

PLAN
ご利用の流れSERVICE FLOW よくある質問FAQ 実績紹介RESULTS

よくある電池交換ランキング

営業日カレンダー

2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
は休日です。 又、土日祝は入金確認が出来ませんのでご注意ください。
Facebookページはこちら

実店舗について

でんきのGAZONE
大崎ニューシティ店
東京都品川区大崎1-6-5
大崎ニューシティ2F

【営業時間】
平日:9:30〜20:00
土日祝:10:00〜19:00

※Webと電池交換作業料金は異なります

※直接、店舗へのお持ち込みはお受け出来ません